消化器内科(消化器病センター)

消化器内科(消化器病センター)のご案内

消化器内科(消化器病センター)について

長津田厚生総合病院では「消化器病センター」を設置して、消化器内科と外科が連携をとり、総合的な見地から診察しております。

消化器内科の対象となる臓器は食道、胃、十二指腸、肝臓、胆嚢、膵臓、大腸と多岐にわたります。

対象となる疾患は、逆流性食道炎、胃潰瘍、胃炎、腸炎、肝炎、胆石、胆嚢炎、膵炎等の良性疾患から、胃がん、大腸がん、肝臓がん、膵がん等の悪性疾患まで、幅広く診療しています。

各疾患の診療ガイドラインに準拠しつつ、個々の患者さんに合った治療を提供できるよう心がけております。

消化器疾患(特に悪性疾患)は早期発見、早期治療が大切ですので、以下のような症状がある場合はすぐにご相談下さい。

  • 胸焼け
  • 食欲不振
  • 嘔吐
  • 胃もたれ
  • お腹の痛み(胃痛、みぞおちの痛み、下腹の痛み)
  • お腹の張り
  • 便秘
  • 下痢
  • 血便
  • 便が黒い(黒色便)
  • 体が黄色い(黄疸)
  • 健診・検診で異常を指摘された(肝障害、便潜血陽性 等)

現在、消化器内科は常勤医が4名、非常勤医が8名在籍しております。

熟練したスタッフで構成されており、大学病院で行うような高度な治療も行っております。また大きな専門病院と比べて、日程的に早めに検査や治療を受けられる体制を組んでいます。CTやMRI検査も比較的お待たせすることなく受けて頂けますので、「忙しいけど受診したい」方もぜひご来院ください。

外来は月曜日から土曜日まで対応しておりますが、曜日によっては半日の診療となっておりますので、受診の際は外来診療体制表をご確認ください。

主な検査

胃カメラ
:食道、胃、十二指腸の病気の有無を調べるための検査です。
大腸カメラ
:大腸の病気の有無を調べる検査です。便潜血陽性の時も推奨されます。
腹部超音波
:肝臓、胆嚢、膵臓、脾臓、腎臓等の異常を確認する精密検査です。
腹部CT
:コンピューター断層の事で、X線を使って腹部の断層写真を撮影する検査です。
腹部MRI
:磁気共鳴画像の事で、磁石と電磁波を使って断層写真を撮影する検査です。
内視鏡的逆行性膵胆管造影(ERCP)
:口からの内視鏡を用いて胆管や膵管を造影する検査です。胆汁や膵液を回収したり、病変部から組織を取って病理検査を行う事も出来ます。

主な治療手技

  • 内視鏡的止血術
  • 内視鏡的ポリープ切除術(Polypectomy)
  • 内視鏡的粘膜切除術(EMR)
  • 内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)
  • 食道静脈瘤硬化療法(EIS)
  • 食道静脈瘤結紮術(EVL)
  • 悪性消化管閉塞に対する金属ステント留置術
  • 消化管狭窄に対する内視鏡的バルーン拡張術
  • イレウス管挿入術
  • 内視鏡的乳頭括約筋切開術(EST)
  • 内視鏡的乳頭バルーン拡張術(EPBD)
  • 内視鏡的胆道結石除去術
  • 胆道ステント留置術 (内視鏡的/経皮的)
  • 経皮経肝胆管/胆嚢ドレナージ術 (PTCD/PTGBD)
  • 経皮経肝膿瘍ドレナージ術(PTAD)
  • 内視鏡的消化管異物摘出術
  • 経皮的ラジオ波焼灼術(RFA)
  • 肝動脈化学塞栓術(TACE)
  • 胃瘻造設術・交換

内視鏡室

外来診療体制表

 
午前
9:00~

真丸

中野間

 

真丸

 

藤田

石田

午後
14:00~

藤田

石田

中野間

 

中野間

真丸

 

休診・代診・診療時間変更等がある場合がございます。あらかじめご了承願います。

※受付時間が午前8:00~11:30、午後12:00~16:00となります。

ピンク文字は女性医師です。

担当医師

  • 常勤石田 秀夫(イシダ ヒデオ)院長

    石田 秀夫
    出身大学
    大阪医科大学(昭和47年卒業)
    資格
    日本消化器内視鏡学会 認定消化器内視鏡専門医
    ケアマネージャー
    職歴
    北里大学ヘルスサイエンスセンター
    平塚共済病院 内科医長
    自己紹介
    こんにちは。院長の石田でございます。
    私は昭和23年1月1日生まれで、戦後のベビーブームの時に生まれた、いわゆる団塊の世代です。大学を卒業したのは昭和47年。医者になって、かれこれ45年が経ちました。
    私が医師になろうと思ったきっかけは先祖代々の医者の家系に生まれたからです。私の六代前の先祖が江戸時代の中頃、岡山県の片田舎(津山のさらに鳥取寄りの山奥)で医業を始め、その子孫達が代々医業を引き継いできたため、私も子供の頃から将来は医者になるものと決めておりました。
    少々自慢話しになりますが、我が家系の中にはちょっと有名な医者もおりまして、第14代徳川幕府将軍の家茂公の正室・和宮内親王の侍医を務め、明治天皇に初めて種痘を行なったり、現在行なわれている医師国家試験の基盤を作った、大村達斎という医者は私の曾祖父の従兄弟にあたる人物です。
    近年医学は目ざましい進歩をとげ、病気の診断・治療もどんどん専門化し、診療科もますます細かく臓器別にわかれていく傾向にありますが、私は一つの臓器のみを診るのではなく、その人をひとりの人間として、ヒトを診る。そして患者様との間の垣根をとりはらい、何でも患者様の悩みを聞ける医師をめざしていきたいと思っております。そして御先祖様に恥じない医師となる事を志しております。
  • 常勤藤田 裕次(フジタ ユウジ)内科部長

    藤田 裕次
    出身大学
    北海道大学(平成4年卒業)
    資格
    日本内科学会 認定内科医・総合内科専門医
    日本消化器病学会 認定消化器専門医
    日本消化器内視鏡学会 認定消化器内視鏡専門医
    職歴
    秦野赤十字病院 内科
    神奈川県立足柄上病院 内科
    横浜市立大学医学部附属病院 第二内科
    藤沢湘南台病院 消化器内科部長
  • 常勤真丸 祐一(シンマル ユウイチ)消化器病センター 内科部長

    真丸 祐一
    出身大学
    横浜市立大学(平成8年卒業)
    資格
    日本内科学会 認定内科医・総合内科専門医
    日本消化器病学会 認定消化器専門医
    日本消化器内視鏡学会 認定消化器内視鏡専門医
    日本プライマリ・ケア連合学会 認定指導医
    職歴
    横浜市立大学医学部附属病院 第二内科
    神奈川県立足柄上病院 内科
    横浜市立港湾病院 消化器内科 医長
    横浜南共済病院 消化器内科 医長
  • 常勤中野間 紘(ナカノマ ヒロシ)

    中野間 紘
    出身大学
    聖マリアンナ医科大学医学部医学科(平成20年卒業)
    資格
    日本内科学会認定 内科医
    職歴
    碧南市民病院 消化器内科
    大和市立病院 消化器内科
    横浜南共済病院 消化器内科
    自己紹介
    消化器疾患の診療を中心に、内視鏡検査・治療にも積極的に取り組んで参ります。地域の皆様のお役にたてるよう頑張りますのでよろしくお願いします。

よくあるご質問(消化器内科(消化器病センター))

トピックス(消化器内科(消化器病センター))

長津田厚生総合病院

お電話での問い合わせはこちら

平日 8:30~17:00、土曜日 8:30~13:00

<外来受診等について>
代表:
<健康診断や人間ドック等のご予約やご相談>
健診センター(直通):
<透析についてのご相談>
透析センター(直通):

PAGETOP