消化器内科(消化器病センター)

消化器内科(消化器病センター)のご案内

消化器内科(消化器病センター)について

長津田厚生総合病院では、消化器疾患で悩まれる患者様を「患者様目線」で総合的な見地から診察させていただけるよう、従来の消化器内科と外科を再編して、院内の部局を横断的に結集し、内科医と外科医がチームを組んで消化器疾患の治療に当たる「消化器病センター」を新設しました。

外来診療体制表

 
午前
9:00~

真丸(消化器内科)

 

真丸(消化器内科)

 

藤田(消化器内科)

石田(消化器内科)

午後
14:00~

藤田(消化器内科)

石田(消化器内科)

 

萩原(消化器内科)

真丸(消化器内科)

 

休診・代診・診療時間変更等がある場合がございます。あらかじめご了承願います。

※受付時間が午前8:00~11:30、午後12:00~16:00となります。

ピンク文字は女性医師です。

担当医師

  • 常勤石田 秀夫(イシダ ヒデオ)副院長

    出身大学
    大阪医科大学(昭和47年卒業)
    資格
    日本消化器内視鏡学会 認定消化器内視鏡専門医
    ケアマネージャー
    職歴
    北里大学ヘルスサイエンスセンター
    平塚共済病院 内科医長
    自己紹介
    こんにちは。副院長の石田でございます。
    私は昭和23年1月1日生まれで、戦後のベビーブームの時に生まれた、いわゆる団塊の世代です。大学を卒業したのは昭和47年。医者になって、かれこれ45年が経ちました。
    私が医師になろうと思ったきっかけは先祖代々の医者の家系に生まれたからです。私の六代前の先祖が江戸時代の中頃、岡山県の片田舎(津山のさらに鳥取寄りの山奥)で医業を始め、その子孫達が代々医業を引き継いできたため、私も子供の頃から将来は医者になるものと決めておりました。
    少々自慢話しになりますが、我が家系の中にはちょっと有名な医者もおりまして、第14代徳川幕府将軍の家茂公の正室・和宮内親王の侍医を務め、明治天皇に初めて種痘を行なったり、現在行なわれている医師国家試験の基盤を作った、大村達斎という医者は私の曾祖父の従兄弟にあたる人物です。
    近年医学は目ざましい進歩をとげ、病気の診断・治療もどんどん専門化し、診療科もますます細かく臓器別にわかれていく傾向にありますが、私は一つの臓器のみを診るのではなく、その人をひとりの人間として、ヒトを診る。そして患者様との間の垣根をとりはらい、何でも患者様の悩みを聞ける医師をめざしていきたいと思っております。そして御先祖様に恥じない医師となる事を志しております。
  • 常勤藤田 裕次(フジタ ユウジ)内科部長

    出身大学
    北海道大学(平成4年卒業)
    資格
    日本内科学会 認定内科医・総合内科専門医
    日本消化器病学会 認定消化器専門医
    日本消化器内視鏡学会 認定消化器内視鏡専門医
    職歴
    秦野赤十字病院 内科
    神奈川県立足柄上病院 内科
    横浜市立大学医学部附属病院 第二内科
    藤沢湘南台病院 消化器内科部長
  • 常勤真丸 祐一(シンマル ユウイチ)消化器病センター 内科部長

    出身大学
    横浜市立大学(平成8年卒業)
    資格
    日本内科学会 認定内科医・総合内科専門医
    日本消化器病学会 認定消化器専門医
    日本消化器内視鏡学会 認定消化器内視鏡専門医
    日本プライマリ・ケア連合学会 認定指導医
    職歴
    横浜市立大学医学部附属病院 第二内科
    神奈川県立足柄上病院 内科
    横浜市立港湾病院 消化器内科 医長
    横浜南共済病院 消化器内科 医長
  • 常勤萩原 朋子(ハギワラ トモコ)内視鏡室 副室長

    出身大学
    浜松医科大学 (平成 16 年卒業)
    資格
    日本内科学会 認定内科医
    日本消化器病学会 認定消化器専門医
    日本消化器内視鏡学会 認定消化器内視鏡専門医
    職歴
    横浜南共済病院 消化器内科
    藤沢湘南台病院 消化器内科
    横須賀市立市民病院 消化器内科
    静岡県立静岡がんセンター 内視鏡科レジデント

長津田厚生総合病院

お電話での問い合わせはこちら

平日 8:30~17:00、土曜日 8:30~13:00

<外来受診等について>
代表:
<健康診断や人間ドック等のご予約やご相談>
健診センター(直通):
<透析についてのご相談>
透析センター(直通):

PAGETOP