お知らせ

【診療情報】便秘は病気のサインかもしれません。(消化器内科)

便秘とは

便秘

便秘とは一般的には3、4日以上排便がなく、お腹に不快感がある状態を言います。

日本人の10~20%の人が便秘であると考えられていますので、かなり多くの人が便秘で悩んでいる事になります。若い方では女性に多くみられますが、高齢になるにつれて男性が増加します。

主な原因

便秘の主な原因は、腸のぜん動運動が弱まる事で、ストレスや運動不足、水分や食物繊維の不足等が関係しています。

治療について

治療は、適度な水分を取り、食物繊維が多く、脂肪分の少ない食事を取る事、適度な運動をする事、それでも良くならない時は飲み薬で治療という事になります。

しかし、中には何らかの病気が原因で便秘になっている事があります。特に注意しなければならないのが大腸がんです。大腸がんが進行すると大腸が狭くなり、便が細くなったり便秘になったりします。

また最悪の場合は腸閉塞(腸が詰まる事)になってしまう事があります。

便秘が続く場合や急に便秘になった時は一度、病院を受診される事をお勧めします。

消化器内科(消化器病センター)のご案内

不安や悩みのある方、症状のある方、検査をご希望の方は当院の消化器内科(消化器病センター)へご相談ください。

消化器内科(消化器病センター)のご案内

前のページに戻る

長津田厚生総合病院

お電話での問い合わせはこちら

平日 8:30~17:00、土曜日 8:30~13:00

<外来受診等について>
代表:
<健康診断や人間ドック等のご予約やご相談>
健診センター(直通):
<透析についてのご相談>
透析センター(直通):

PAGETOP