お知らせ

鼠径ヘルニア日帰り手術を始めました。
バリエーションに富んだ診療体制が整いました!(外科)

鼠径ヘルニアの手術に関しては以前ご紹介したとおりですが、今回新たに土曜日にも日帰り手術ができるようになりました。
入院期間や費用等下記一覧表をご参照下さい。

患者様のご要望にお応えできるよう選択肢が広がりました。

ご不明点等ございましたら、お気軽にお問合せください。

鼠径ヘルニアの手術

腹腔鏡下手術
:腹腔鏡(細い管の先端にカメラが付た手術器具)を使用して手術を行う
従来法
:ヘルニアの出口を糸で縫って塞ぐ
入院期間 日帰り 4日間 4日間
手術 従来法 従来法 腹腔鏡下
麻酔 局所麻酔 全身麻酔
腰椎麻酔
全身麻酔
前日入院 不要
入浴 術後3日目から 術後3日目から 術後3日目から
仕事復帰※1 手術当日 退院当日 退院当日
費用※2 約3万円 約8万円 約9万円

※1 最短の日数。ご病状により変更の可能性あり。
※2 3割負担患者様の概算。治療・検査内容・健康保険の種類等により異なる。

  従来法 腹腔鏡下
入院期間 長い 短い
術後の痛み 強い 少ない
大きい 小さい
両側ヘルニアの同時手術 不可能 可能

関連:

→鼠径ヘルニア(脱腸)の手術

→長津田厚生総合病院 外科(消化器病センター)

前のページに戻る

長津田厚生総合病院

お電話での問い合わせはこちら

平日 8:30~17:00、土曜日 8:30~13:00

<外来受診等について>
代表:
<健康診断や人間ドック等のご予約やご相談>
健診センター(直通):
<透析についてのご相談>
透析センター(直通):

PAGETOP