お知らせ

【診療情報】大腸内視鏡検査5つの特徴(消化器内科)

大腸内視鏡検査5つの特徴(長津田厚生総合病院・消化器内科)

苦痛が少なくて楽

長津田厚生総合病院・大腸内視鏡検査(消化器内科)

腸管から吸収されやすい炭酸ガス(CO2)送気装置を使用しているので、お腹が張りにくく、楽に検査が受けられます。

また、鎮痛剤も使用しているため、痛みも最小限に抑えられます。

患者さんからは「すごく楽でした」、「全く痛くなかった」といった声を頂いております。

正確な診断

長津田厚生総合病院・大腸内視鏡検査(消化器内科)

最新の内視鏡システムとスコープを導入しており、何か異常が見られた場合は、NBI観察や拡大観察等を行っております。

NBIとは、Narrow Band Imaging(狭帯域光)の略です。

血液中のヘモグロビンに吸収されやすい特殊な光で、それにより粘膜表層の毛細血管と粘膜微細模様が強調されて見えます。

がんの部位は毛細血管が発達し、粘膜面の変化がおきるため、がんの早期発見の手助けとなります。

また拡大観察は約80倍もの倍率に拡大されるため、微細な血管や粘膜の表層模様まで、より詳細に観察できます。これらの機能により、正確な診断が可能になります。

診断から治療まで完結した医療

長津田厚生総合病院・大腸内視鏡検査(消化器内科)

当院では幅広く内視鏡治療を行っているため、診断から治療まで完結した医療が受けられます。

また万一、手術が必要な病気が見つかった場合も、外科と密に連携を取っているため、スムーズに手術が受けられます。

その場でポリープ切除ができる

長津田厚生総合病院・大腸内視鏡検査(消化器内科)

小さいポリープであれば、その場で切除が可能です(日帰り切除)。

ただ事前に医師との相談が必要ですので、ご希望の際は予約時にお申し出下さい。

予約が早い

長津田厚生総合病院・大腸内視鏡検査(消化器内科)

当院では予約枠を多く設けているため、比較的すぐに検査が受けられます。

早く検査を受けて結果を知りたい、という方にお薦めです。

また、お忙しい方もご都合に合わせて検査日程が組めます。

消化器内科(消化器病センター)のご案内

ご不明点などは、当院の消化器内科(消化器病センター)へお気軽にご相談ください。

長津田厚生総合病院・消化器内科(消化器病センター)のご案内

前のページに戻る

長津田厚生総合病院

お電話での問い合わせはこちら

平日 8:30~17:00、土曜日 8:30~13:00

<外来受診等について>
代表:
<健康診断や人間ドック等のご予約やご相談>
健診センター(直通):
<透析についてのご相談>
透析センター(直通):

PAGETOP