検査科

検査科について

検査科のホームページにお越しいただき誠にありがとうございます。

臨床検査は患者さんから採取した血液や尿などを調べる「検体検査」や、患者さんと直接接する心電図や超音波などの「生理機能検査」など広範囲に及んでいます。 私たち検査技師は診察だけでは得られない情報を医師に提供し、医師の診断の補助を行っています。病気の原因や状態を判断するために利用され、治療方針を決定したり、治療の経過観察をするためにも役立っています。

日々の徹底した精度管理だけでなく、外部精度管理にも積極的に参加することにより常に正確なデータを迅速に報告できるよう日々努めています。職員の技術・知識向上により臨床へ貢献するために積極的に勉強会へ参加しており、患者様から信頼される臨床検査科を目指しております。

さらにチーム医療として他職種と連携していけるよう感染対策チームや糖尿病教育チームなどに参加し活動しております。

患者様の気持ちになって会話ができる人材を育成し、検査時間や待ち時間を含め患者様にふれあう僅かな時間で患者様に前向きに笑顔で頑張ろうと思って頂けるような対応を心がけています。

患者様に必要とされる病院(検査室)を目指し、時折患者様からいただく温かいお言葉を励みにスタッフ一同頑張っております。

検査科の理念ついて

  1. 笑顔で丁寧な対応
  2. わかりやすい検査内容の説明
  3. 知識・技術習得による日常診療での診断・治療への貢献

検査内容

生理検査室

1. 心電図検査 2. 24時間心電図検査
3. 負荷心電図検査 4. トレッドミル検査
5. ABI検査 6. 脈波検査
7. 呼吸機能検査 8. 6分間歩行テスト
9. ピロリ菌検査 10. 脳波検査
11. 睡眠時無呼吸症候群検査
(パルスオキシメーター・SAS2100・PSG)
12. スモーカーライザー
13. 聴力検査 14. 外来採血業務
15. ペースメーカー植込み・定期チェック  
16. 超音波
  1. 頸動脈
  2. 甲状腺
  3. 心臓
  4. 腹部
  5. 下肢動脈
  6. 下肢静脈
  7. 乳腺
  8. カテーテル穿刺部
  9. シャント
  10. 胸腹水穿刺
  11. 造影超音波
  12. PTGBD(穿刺ガイディング)
  13. シャントPTA・下肢PTA

健診センター

1. 心電図・腹囲測定 2. 呼吸機能検査
3. 眼底・眼圧 4. 聴力
5. 超音波(腹部・乳腺)  

生理検査部門

生理検査部門としては当院職員が現在8名で業務を行っています。

心電図所要時間:5分

長津田厚生総合病院・心電図

不整脈を見つけます。

心臓は24時間365日働いています
(時計と一緒でずれることもあります。そのずれが良いものか、悪いものかを判断します)

負荷心電図所要時間:20~30分

長津田厚生総合病院・負荷心電図

心臓に負担をかけても心臓に栄養(酸素)を送れているか見ます。
(狭心症などを見つけます)

検査法:

1.マスター法

2.トレッドミル法

運動負荷により心筋の酸素需要を増加させ、それに見合った酸素供給が行われているかどうかを見ます。

超音波検査(エコー)所要時間:20~30分

長津田厚生総合病院・超音波検査

超音波により体のいろいろな部分を観察します。

ただし、空気と骨は通しませんので肺や頭の検査は出来ません。

腹部 :
肝臓、膵臓、胆嚢、腎臓、脾臓を中心にお腹にあるいろいろな臓器を観察します。炎症、結石や腫瘍の有無など検査します。
心臓 :
心臓の筋肉や弁の様子や動きを観察します。また、心臓内の圧力、血液の流れの早さ、逆流などを見ることができ, 心臓の状態を機能的に判断します。
甲状腺:
甲状腺に炎症や腫瘍などがあるか検査します。
頚動脈:
頚動脈における動脈硬化の状態、血管の走行などを観察し、血流の状態を検査します。
下肢 :
下肢動脈の閉塞や静脈の血栓等を調べます。

X線検査のように被爆の危険性がなく、痛みもなく、すべての人に安全に行える検査です。

ABI所要時間:15~20分

長津田厚生総合病院・ABI

手と足の血圧を測定し、下肢閉塞性動脈硬化症を見つけます。

   

SAS(睡眠時無呼吸症候群)

腕時計型のパルスオキシメーターを設置して、夜間睡眠時の動脈血酸素飽和度(SPO2)を記録し、慢性呼吸器疾患の診断を行ないます。

この検査で陽性を示す場合は、在宅酸素療法や経鼻的持続陽圧呼吸法(CPAP)で治療します。

長津田厚生総合病院・パルスオキシメーター

<パルスオキシメーター>
1日、指と手首に機械を付けるだけ

長津田厚生総合病院・SAS2100

<SAS2100>
自宅で夜に機械を付ける

長津田厚生総合病院・PSG

<PSG>
入院して夜に機械を付ける

肺機能検査所要時間:10~15分

長津田厚生総合病院・肺機能検査

肺活量など呼吸器系の状態を見て、肺の伸縮性やつまりの有無を見ます。

脳波所要時間:1時間30分~2時間

脳は絶えず活動しており、その時に流れている微弱な電流を頭皮に付けた電極より記録したものが脳波です。

てんかんや意識障害、脳腫瘍、頭部外傷等の診断に有効です。

ペースメーカーの管理

年2回の定期チェックや新規植え込み・交換などを行っております。

検体部門

検体部門としては現在4名が院内で至急の業務を行っています。

生化学検査

血液を化学的に分析し健康状態や病気の程度を調べる事を目的に検査を行なっています。
肝機能・腎機能・高脂血症・糖尿病・感染症の有無などをチェックします。

電解質   :
体の水分バランスを見ます。
心臓マーカー:
D-ダイマー、BNP、トロポニン-I、CK-MBなどを測定することで心不全・心筋梗塞などがないかを診断します。
その他   :
インフルエンザ、溶連菌、アデノウイルス、などの検査も行っています。

これらの検査を組み合わせて医師がどこの臓器のどんな病気かを診断したり、治療中の病気の経過観察を行ないます。

一般検査

尿定性検査 :
尿のpH、比重、蛋白、糖、潜血などを試験紙で(+)(-)で表記し、判定します。
尿沈査   :
遠心分離後、顕微鏡で細胞、結晶などの種類や数を検査します。細菌の有無を調べることで尿路感染を起こしていないかをチェックします。
その他   :
尿中レジオネラ菌、尿中肺炎球菌、ノロウイルス、便潜血、クロストリジウム・ディフィシルなどの検査も行っています。

血液検査

血算    :
自動分析装置を用いて白血球・赤血球・血小板の数とHb濃度、Ht値を測定します。

これらの検査によって炎症や貧血、血液疾患の診断や病態の把握に役立てます。

血液型検査

ABO式血液型は、A型、B型、O型、AB型を判定します。
さらにRh式血液型は、Rh(+)かRh(-)かを判定します。

輸血検査

交差適合試験で輸血する血液が患者様の体内に入った時に問題がないかどうかを調べます。

細胞診採取

よくあるご質問(検査科)

長津田厚生総合病院

お電話での問い合わせはこちら

平日 8:30~17:00、土曜日 8:30~13:00

<外来受診等について>
代表:
<健康診断や人間ドック等のご予約やご相談>
健診センター(直通):
<透析についてのご相談>
透析センター(直通):

PAGETOP