お知らせ

【診療情報】便潜血検査で引っかかったら?(消化器内科)

便潜血検査で引っかかったら?(長津田厚生総合病院・消化器内科)

そもそも便潜血(べんせんけつ)検査って?

便潜血検査とは(長津田厚生総合病院・消化器内科)

便潜血検査とは便の中に血液があるか調べる検査です。

普通は便の中に血液は混ざっていないため陰性(-)ですが、血液があると陽性(+)になります。

主に大腸がん検診として行われており、大腸がんの死亡率を低下させる科学的な根拠(エビデンス)があります。

便潜血検査で引っかかったら?

便潜血検査で引っかかったら精密検査へ(長津田厚生総合病院・消化器内科)

引っかかった方は精密検査を受けましょう。精密検査は主に大腸内視鏡が行われます。

大腸内視鏡と聞くと、「大変そう」、「痛そう」などのイメージがあるかと思いますが、当院での大腸内視鏡検査は、効果の高い鎮痛剤と、CO2送気(腸管からの吸収が早いため、お腹が張りにくい)を使用しており、苦痛が少なく快適に検査を受けられます。

また熟練した医師が検査を担当しますので、正確な診断が行われます。

【診療情報】大腸内視鏡検査5つの特徴(消化器内科)

約4割の方が精密検査を受けていない!?

便潜血検査については医師と相談(長津田厚生総合病院・消化器内科)

大腸がん検診での便潜血検査は、陽性の方の精密検査受診率が約6割と言われています。他のがん検診の場合、精密検査受診率は約8割ですので、大腸がん検診は精密検査受診率が低く、問題となっています。

「痔があるからそのせいだ」、「生理中だった」、「以前も引っかかって精密検査を受けたが問題なかった」などの理由で精密検査を受けない方がいますが、これらの理由は大腸に問題が無い事の根拠にはなりません。痔があっても精密検査は推奨されます。生理中だった場合は再検査が検討されます。以前精密検査を受けられた方は、いつ頃受けたかによっても方針が変わってきます。

精密検査をするかどうかはケースバイケースの事もあります。

迷われている場合や、分からない場合、ご自身で判断されずに、医師と相談する事をお勧めします。

一回だけ陽性でも精密検査が必要?

便潜血検査は完璧な検査ではないため、大腸がんがあっても引っかからない事があります。

そこで、発見率を上げるために2日間連続で採便する「2日法」が広く普及しています。

そのため1回でも陽性であれば「異常」ですので、必ず精密検査を受けるようにしましょう。

どんな病気が考えられますか?

便潜血検査 病気について(長津田厚生総合病院・消化器内科)

大腸がん、大腸ポリープ、大腸憩室、痔、腸炎などが考えられます。

大腸がんに関しては、精密検査を受けた方の約3%に見つかっています。あまり高い確率ではないと感じるかもしれませんが、大腸がんは命に関わる病気です。

一方で、早い段階で見つかれば、内視鏡治療で根治する事も可能です。

手遅れになる前に精密検査を受けましょう!

関連情報

消化器内科(消化器病センター)のご案内

ご不明点などは、当院の消化器内科(消化器病センター)へお気軽にご相談ください。

長津田厚生総合病院・消化器内科(消化器病センター)のご案内

前のページに戻る

長津田厚生総合病院

お電話での問い合わせはこちら

平日 8:30~17:00、土曜日 8:30~13:00

<外来受診等について>
代表:
<健康診断や人間ドック等のご予約やご相談>
健診センター(直通):
<透析についてのご相談>
透析センター(直通):

PAGETOP