【重要】外来診療 一部停止のご案内(救急・初診・予約外等、1月29日より)

【重要】長津田厚生総合病院 閉院のお知らせ

代表

【重要】外来診療 一部停止のご案内(救急・初診・予約外等) 【重要】長津田厚生総合病院 閉院のお知らせ <新型コロナワクチン接種実績14.8万回以上>

お知らせ

【健康講座のご報告】4/19・5/10 開催 … お薬を正しくお使いいただくために守っていただきたいこと

長津田厚生総合病院では、地域のみなさまにご自由に参加いただける健康講座を開催しています。(ご参加無料・事前お申込み不要)

4/19 および 5/10 に長津田厚生総合病院の総合受付前ロビーにて開催した健康講座は、「お薬を正しくお使いいただくために守っていただきたいこと」と題するものでした。

講座では、服薬数の多さについての不安など、参加者の方からの熱心な質問をいただきました。

「くすり」をさかさまから読むと、「リスク」となるように、薬には良い作用がある反面、好ましくない作用 (副作用) があります。決められた用法・用量を守って正しく服薬することが大切です。例えば、お酒といっしょに薬を飲んではいけませんとはよく耳にされることとは思いますが、お酒だけではなく、グレープフルーツジュースといっしょに飲んでしまうと、想定以上の効果や副作用が出てしまう薬があります。血液を固まりにくくするワーファリンという薬がありますが、この薬は納豆に含まれるビタミン K によって、効果が弱められてしまいます。

講座のおさらいを少しだけしておきましょう。薬の効果がきちんと出るように、また副作用や危険性のリスクを少なくする為に、服薬は、医師・薬剤師の指示を守って行うように心掛けてください。

【服薬にあたって、守っていただきたいこと】
・指示された用法・用量で服用してください。
・自己判断で服用を中止したり、用量を変えたりしないでください。
・気になる症状が現れた場合には、医師・薬剤師にご相談ださい。
・診察時や薬を購入される際には、現在服用中の薬についてお知らせください。
・同じ症状であるからといって、ご家族や知人に薬をお譲りにならないでください。

正しい薬の飲み方

前のページに戻る

長津田厚生総合病院

お電話での問い合わせはこちら

平日 8:30~17:00、土曜日 8:30~13:00

<外来受診等について>
代表:
当院では新型コロナウイルスワクチン接種の、お電話でのご予約・お問い合わせは受け付けておりません。 多数のお問い合わせをいただいておりますが、各自治体の相談窓口やホームページなどをご確認ください。
<健康診断や人間ドック等のご予約やご相談>
健診センター(直通):
<透析についてのご相談>
透析センター(直通):

PAGETOP