診療科トピックス・外科(消化器病センター)

消化器病センターを新設しました

長津田厚生総合病院では、消化器疾患で悩まれる患者様を「患者様目線」で総合的な見地から診察させていただけるよう、従来の消化器内科と外科を再編して、院内の部局を横断的に結集し、内科医と外科医がチームを組んで消化器疾患の治療に当たる「消化器病センター」を新設しました。

これに合わせて、患者様負担の少ない経鼻内視鏡も導入しており、内視鏡室のますますの増強を図っていきます。

1.患者様本位の治療を実現する最新の医療設備

患者様に負担をかけない治療を実現する為に、長津田厚生総合病院では、腹エコー、胃カメラ、大腸ファイバースコープ、ERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影)等、最新の医療機器を積極的に導入した治療に取り組んでいます。

とりわけ、内視鏡室の増強に力を入れており、患者様の負担を軽減する目的で、経鼻内視鏡も導入しました。経鼻内視鏡タイプの胃カメラは、鼻の穴からカメラのケーブルを挿入するもので、従来の口から入れる経口タイプのケーブルよりも細く、挿入時の不快感はより少ないと言われています。つまり「オエッ」という気持ち悪さが軽減される訳です。

CT・MRI

2.内科医と外科医がタッグを組んだ万全の医療体制

長津田厚生総合病院では、内科、外科ともに消化器病治療の経験が豊富なエキスパートが治療にあたっています。この度、「消化器病センター」に医療体制を新たに再編することで、これまで以上に、医師同士の連携を密にした、患者様本位の治療を実現する為の体制が整いました。

消化器病センターが担当する臓器は、食道~胃~十二指腸~小腸~大腸~直腸までの一連の臓器、それに加えて、静かなる臓器とも呼ばれる肝臓、胆嚢、膵臓という幅広いテリトリーを担当します。これら臓器の疾病に悩む患者様はたいへん多く、開腹手術を行うのか、より患者様に負担の少ない腹腔鏡手術もしくは内視鏡治療を施すのか、患者様のご希望をお聞きしながら、患者様に身体的・精神的負担のより少ない治療方法をご提案致します。

また、女性医師も在籍しており、女性の患者様が気兼ねなく受診いただける環境がございます。

前のページに戻る

長津田厚生総合病院

お電話での問い合わせはこちら

平日 8:30~17:00、土曜日 8:30~13:00

<外来受診等について>
代表:
<健康診断や人間ドック等のご予約やご相談>
健診センター(直通):
<透析についてのご相談>
透析センター(直通):

PAGETOP