診療科トピックス・外科(消化器病センター)

抗癌剤治療(化学療法)について

化学療法には、根治手術と組み合わせて行う補助化学療法と、根治手術が困難な場合や再発した場合に行う治療的化学療法があります。

補助化学療法は、手術前に抗癌剤を投与してある程度癌が縮小した上で根治手術を行う術前補助化学療法と、手術で癌を切除した後に再発予防のために行う術後補助化学療法があります。抗癌剤は、その種類により点滴で投与したり内服で投与したりします。

抗癌剤治療 (化学療法) について

消化器癌、特に胃癌や大腸癌の分野における新しい抗癌剤の開発は近年著しいものがあります。

癌細胞特有の増殖活動にターゲットを絞り、分子レベルでその活動を阻害する分子標的治療薬と呼ばれる抗癌剤も次々と開発され使用されています。さらに、いろいろな臨床試験の結果から、原発臓器 (癌が初めに発生した臓器) 別に各種癌に対する多剤併用療法 (抗癌剤を組み合わせて治療する方法) が数多く開発されています。

適切な標準的抗癌剤治療を行うことで、患者様の QOL (Quality of Life) を維持した生存期間の延長もはっきりと認められるようになってきました。

長津田厚生総合病院の消化器病センター (外科) では、こうした標準的治療方法に則り、エビデンス (科学的根拠) に基づいた最新の抗癌剤治療を行っています。画一的な治療を行うのではなく、患者様の全身状態や生活環境に応じて治療計画をたて、患者様と相談しながら臨機応変に投与する薬剤や投与方法、投与量を変更して治療を進めています。

抗癌剤は、薬剤が正常な細胞にまで影響を与えることで副作用が生じることがあります。抗癌剤を投与するときは、予想される副作用に対する予防を行うとともに定期的な血液検査や自覚症状の観察を行い、抗癌剤の効果と副作用のバランスを考えた治療を行うことが重要となります。

前のページに戻る

長津田厚生総合病院

お電話での問い合わせはこちら

平日 8:30~17:00、土曜日 8:30~13:00

<外来受診等について>
代表:
<健康診断や人間ドック等のご予約やご相談>
健診センター(直通):
<透析についてのご相談>
透析センター(直通):

PAGETOP