診療科トピックス・外科(消化器病センター)

急性虫垂炎(盲腸)の手術

急性虫垂炎(「盲腸」という言い方でよく知られているポピュラーな疾患です)の手術につきましても、長津田厚生総合病院では、腹腔鏡手術で行う場合が多くなりました。

急性虫垂炎(盲腸)について

虫垂は大腸の始まりの部分である盲腸から突出し盲端となる腸管の一部で、通常右下腹部に存在します。正常な虫垂は、太さは2~3mm、長さは3~4cm程度で、ヒトの虫垂は退化していてほとんど何の働きもしていません。

この虫垂に炎症を起こすのが急性虫垂炎で、「盲腸」と呼ばれることもあります。急性虫垂炎の原因は様々で特定出来ない場合も多いのですが、異物や固まった便が細い虫垂の内腔に詰まることで生じることもあるとされています。

急性虫垂炎(盲腸)の症状

腹痛、発熱、悪心、嘔吐、食欲低下、下痢などがみられます。

腹痛は、まず臍の周りや心窩部(みぞおちのあたり)が痛くなり、時間の経過とともに右下腹部に痛みが移動する例が多く、さらに炎症が進んで周囲に波及すると下腹部全体が痛くなります。熱は37℃から38℃程度が多くみられます。

急性虫垂炎(盲腸)の診断

急性虫垂炎の診断は、医師の触診、血液検査、腹部CT検査、超音波検査などで行います。

典型的な腹部の触診の所見としては、右下腹部を押さえたときに痛みを感じ、炎症が周囲の腹膜に及ぶと反跳痛(腹部を押さえてから素早く手を離した時に生じる痛み)を感じるようになります。

血液検査では、虫垂炎の特有の所見ではありませんが、白血球数が増加し時間が経過するとCRPという炎症の程度を表す数値も上昇してきます。

腹部CT検査や超音波検査では、肥大した虫垂が描出され虫垂の周囲に炎症があることで虫垂炎と診断されます。虫垂がやぶれることにより、膿瘍(膿のたまり)を形成していることもあります。

しかし虫垂炎に特有の症状や検査所見を示さず、正確な診断が困難なこともあります。特に大腸憩室炎などは虫垂とほぼ同じ部位で起こる事があり、この場合には虫垂炎か憩室炎かを正しく診断する事はきわめて困難です。最終的に手術をしてお腹の中を見ないと本当に急性虫垂炎かどうかの診断がつかないこともあります。

急性虫垂炎(盲腸)の治療

炎症の軽い虫垂炎の場合には抗生物質の投与により治癒することがあります。ある程度進んだ虫垂炎は薬で治すことが難しく、外科的に虫垂を切除する必要があります。薬で治療出来るか手術が必要かどうかは、お腹の痛みの程度、血液検査での炎症の程度、CTなどの画像診断の所見などから総合的に判断します。

手術を行う場合には、診断のついたその日に緊急手術として行う事もありますが、数日間は抗生物質の投与で経過をみてから手術を行うこともあります。

急性虫垂炎(盲腸)の手術

手術は虫垂を根元で切って切除する虫垂切除術を行います。虫垂周囲の炎症が非常に高度の場合には、虫垂を含めて盲腸を切除したり腸の一部も切除したりする場合もあります。

虫垂が破れて腹膜炎になっている場合や膿瘍(膿のたまり)がある場合には、お腹の中を生理食塩水という水で出来るだけ綺麗に洗い、最後にドレーンという管をお腹の中に1~2本入れておきます。

虫垂切除術は、右の下腹部を斜めに約3~4cm切って行う手術(開腹手術)が一般的でしたが、最近は腹腔鏡手術を施すことの方が多くなっています。

腹腔鏡手術は、全身麻酔をかけた上で、腹部に3~4箇所、5~12mmの穴をあけ、そこから腹腔鏡と鉗子(手術用の器具)を挿入しテレビモニターを見ながら行う手術です。虫垂炎の炎症が比較的軽く、患者様自身に大きな合併症が無い場合には腹腔鏡手術をおすすめしています。腹腔鏡手術では手術痕が小さくて済む為、一般的に回復も早く入院期間も短くなります。

ただし、予想以上に虫垂炎の炎症が高度な場合は途中で腹腔鏡手術を断念し、通常の開腹手術に移行しなくてはいけない場合が稀にあります。

また、最初から炎症が高度であると予想される場合や、全身麻酔が危険と判断される場合(入院直前にご飯を食べて胃の中に食物や胃液が残存している場合も含む)には通常の開腹手術をお勧めしています。

最近では、腹腔鏡手術において、より手術による生体への影響を減らすことを目的に、臍に開けた1個の穴から手術を行う単孔式腹腔鏡下手術が様々な疾患に導入されています。急性虫垂炎に対しても単孔式腹腔鏡下虫垂切除術を導入する施設が増えてきており、長津田厚生総合病院でも2013年4月より本術式を導入しています。

従来の腹腔鏡下虫垂切除術より若干難しい手術ですが、傷が小さく痛みも少ないため適応のある患者様には単孔式腹腔鏡手術を提案致します。

手術に伴う合併症

虫垂炎の手術は簡単な手術と考えられがちですが、一般的に手術後10%前後の頻度で合併症がみられます。

出血急性虫垂炎の手術で大量に出血し、輸血が必要になる場合は極めて稀です。しかし絶対無いとは言えず、その場合には輸血で対処します。ごく稀に術後にお腹の中で出血が始まることがあり、止血の為の再手術を行う場合があります。
他臓器の損傷手術中の腸管・膀胱・子宮・卵巣・卵管・尿管などの損傷ですが、極めて稀です。
皮下膿瘍急性虫垂炎の手術では、既にお腹の中が細菌で汚染されている為に傷が化膿することが時にあります。術後すぐに分かることもありますが、1 週間くらいしてから炎症を起こし赤くなって膿が出てくることもあります。
遺残膿瘍穿孔を伴う虫垂炎など、炎症のひどい場合の術後に起こりやすい合併症です。ドレーンを入れてもドレーンのない部分の炎症が再燃し、膿がたまって発熱などの原因になることがあります。通常抗菌薬の使用により治りますが、ドレーンの位置を変更したり、時には再手術でドレーンを入れ直したりする必要が生じる場合もあります。
糞瘻形成虫垂断端から便が漏出してお腹の傷との間に交通ができる状態を言い、非常に稀な合併症です。長期絶食が必要となり、場合により再手術が必要になります。

その他予期せぬ偶発症もありえますが、これらの合併症が発症した際は、迅速に最善の治療を行うとともに、病状について患者様ご本人・ご家族の方に十分な説明を行います。

虫垂炎術後の経過

術後の経過は虫垂炎の程度によって異なります。比較的炎症が軽い場合には手術翌日から水分を飲み、ガスが出れば食事を開始します。最初は流動食ですが、徐々に固くしていきます。退院は手術後4~5日程度で可能です。

炎症が高度で穿孔して腹膜炎を起こしていた場合には、水分や食事の摂取の開始を少し遅らせます。通常、術後2日~4日程度で水分摂取や食事を開始します。順調であれば術後1週間から10日程度で退院可能です。合併症を起こした場合には、それぞれに応じた処置が必要になる為に入院期間が延びます。

特に問題がなければ退院後は1週間から2週間目に一度外来を受診していただき、傷やお腹の具合を診させていただきます。その後の定期的な外来受診は不要です。

前のページに戻る

長津田厚生総合病院

お電話での問い合わせはこちら

平日 8:30~17:00、土曜日 8:30~13:00

<外来受診等について>
代表:
<健康診断や人間ドック等のご予約やご相談>
健診センター(直通):
<透析についてのご相談>
透析センター(直通):

PAGETOP